Photo
corporalsteiner:

死のマラソン

corporalsteiner:

死のマラソン

(8823dsnから)

Photo
nottv:

1413496626-0403-002.jpg
Photo

(元記事: painiac (booby4649から))

Photo

(元記事: enjoetoh (9-beから))

Quote
"さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知つている範囲ではおれがだましたのだといつた人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなつてくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。
 すなわち、だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かつたにちがいないのである。しかもそれは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに劃然と分れていたわけではなく、いま、一人の人間がだれかにだまされると、次の瞬間には、もうその男が別のだれかをつかまえてだますというようなことを際限なくくりかえしていたので、つまり日本人全体が夢中になつて互にだましたりだまされたりしていたのだろうと思う。
 このことは、戦争中の末端行政の現われ方や、新聞報道の愚劣さや、ラジオのばかばかしさや、さては、町会、隣組、警防団、婦人会といつたような民間の組織がいかに熱心にかつ自発的にだます側に協力していたかを思い出してみれば直ぐにわかることである。"

伊丹万作 戦争責任者の問題 (via katoyuu)

(chptr22から)

Quote
"少なくとも戦争の期間をつうじて、だれが一番直接に、そして連続的に我々を圧迫しつづけたか、苦しめつづけたかということを考えるとき、だれの記憶にも直ぐ蘇つてくるのは、直ぐ近所の小商人の顔であり、隣組長や町会長の顔であり、あるいは郊外の百姓の顔であり、あるいは区役所や郵便局や交通機関や配給機関などの小役人や雇員や労働者であり、あるいは学校の先生であり、といつたように、我々が日常的な生活を営むうえにおいていやでも接触しなければならない、あらゆる身近な人々であつたということはいつたい何を意味するのであろうか。
 いうまでもなく、これは無計画な癲狂戦争の必然の結果として、国民同士が相互に苦しめ合うことなしには生きて行けない状態に追い込まれてしまつたためにほかならぬのである。そして、もしも諸君がこの見解の正しさを承認するならば、同じ戦争の間、ほとんど全部の国民が相互にだまし合わなければ生きて行けなかつた事実をも、等しく承認されるにちがいないと思う。"

伊丹万作 戦争責任者の問題 (via katoyuu)

(chptr22から)

Photo
colin-vian:

 Paul Klee, Nacht-Bluete

colin-vian:

 Paul Klee, Nacht-Bluete

(holespolesから)

Photo
mpdrolet:

Petro Koublis
Photo

(元記事: s-u-g-g-e-s-t-i-0-n-s (shareloftyから))

Photo

-

-

(元記事: thegratefuldead666 (goodmemoryから))

Photo
untrustyou:

Juliane Eirich 
Photo
ginzuna:

占い師のやり方 - 関内関外日記(内)
Photo

(元記事: happyribbon (kowloon-leeから))

Photoset
Photo
art-is-art-is-art:

Flower Meadow in the North, Harald Sohlberg

art-is-art-is-art:

Flower Meadow in the North, Harald Sohlberg

(newt0nsから)